【Arduino】DCモータの制御(TA7291P)

この記事では、ArduinoマイコンとTA7291Pを用いてDCモーターを制御する方法をソースコード付きで解説します。

モータードライバIC(TA7291P)

ArduinoとTA7291PというモータードライバICを使うとDCモーターを簡単に制御することが出来ます。
今回はこのICを用いてDCモータを制御しました。

回路構成(配線図)

Arduinoと電子部品の構成・配線は下記の通りです。

【電子部品】
・DCモーター(5V程度でも駆動するもの) ×1
・Arduino UNO R3 ×1
・モータードライバーIC(TA7291P) ×1
・ジャンパー線 数本
・ブレッドボード ×1
・電池ボックス(単三電池4本を直列接続) ×1
・単三電池 ×4

処理手順

実装するプログラムの処理の流れは下記の通りです。

①モータードライバICに信号を送るための3本のピンを設定する
②モーター回転の信号を送る
③2秒待機
④モーター停止の信号を送る
⑤2秒待機
⑥2~5を繰り返す

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

【関連記事】
Arduino入門 基本的な使い方

関連記事