【Arduino】液晶画面(LCD)に文字列を表示

この記事では、ArduinoマイコンでLCD画面に文字列を表示する方法をソースコード付きで解説します。

LCD画面に文字列を表示

今回はArduinoの13番ピンを用いて、液晶ディスプレイLCD(Liquid Crystal Display)に任意の文字を表示したいと思います。
ArduinoではLiquidCrystal.hというライブラリを使うことで簡単にLCDを制御できます。

回路構成(配線図)

Arduinoと電子部品の構成・配線は下記の通りです。

電子部品
1 Arduino UNO (1個)
2 LCD:SC1602BSLB (1個)
3 1kΩ抵抗(1個)
3 10kΩ抵抗(1個)
4 ジャンプワイヤー(数本)

処理手順

実装するプログラムの処理の流れは下記の通りです。

電子部品
1 ピン番号を指定してLCD表示用ライブラリを初期化する。
2 LCD の桁数、行数を設定する。
3 LCDに文字列「Arduino」を表示する。
4 LCDのカーソルの位置(0桁の1行目)を指定する。
5 3-4の処理を繰り返す。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

#include <LiquidCrystal.h>  // LCD表示用ライブラリ

//  RS, E, DB4, DB5, DB6, DB7に接続したピン番号
LiquidCrystal lcd(12, 11, 5, 4, 3, 2);

// 初期設定
void setup(){
  lcd.begin(16, 2);  //LCD の桁数, 行数
}

// ループ
void loop(){
  lcd.print("Arduino");  // LCDに文字(Arduino)を表示
  lcd.setCursor(0,1);    //カーソルの位置(0桁の1行目)
}
関連記事
1 C言語でゲームプログラミング
2 C言語入門 (サンプルプログラム集)
関連記事