【Arduino】LEDの点灯・点滅制御

この記事では、ArduinoマイコンでLEDを点灯・点滅制御する方法をソースコード付きで解説します。

LED点灯・点滅

今回はArduinoの13番ピンを用いて、LEDを点灯させます。
LEDに流れる電流を定格内に抑えるために、LEDとGNDの間に470Ω程度の抵抗を入れてやる必要があります。
※LEDを使う際はアノードとカソードの向きに注意

【LED】
アノード(足の長い方)・・・プラス側(出力ピン側)につなぐ
カソード(足の短い方)・・・マイナス側(GND側)につなぐ

回路構成(配線図)

Arduinoと電子部品の構成・配線は下記の通りです。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

LEDが点滅しました。

【関連記事】
Arduino入門 基本的な使い方

関連記事