【Arduino】pulseIn関数の使い方

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、ArduinoのpulseIn関数を使う方法をまとめてみました。

pulseIn関数

ArduinoのpulseIn関数は、ピンに入力したパルスを検出できます。

【書式】
pulseIn(pin, value [, timeout])

■引数
pin:入力ピンの番号
value: 検出するパルスの種類(HIGH or LOW)
timeout: タイムアウトまでの時間[μs]。省略するとデフォルト1秒となる。

【使い方】
パルスの種類(value)でLOWを指定した場合、ピンがLOWになるのを待って時間計測を開始します。
そして、その後ピンがHIGHになるのを待ち、時間計測を終了する。
そして、LOWに戻った段階までの時間(パルス長)をマイクロ秒単位で返します。

【関連記事】
Arduino入門 基本的な使い方

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!