【Arduino】シリアル通信で文字列の送受信

この記事では、ArduinoマイコンとPCの間をUSBケーブルで繋いでシリアル通信で文字列を送受信する方法をソースコード付きで解説します。

シリアル通信で文字列の送受信

Serial.read()とSerial.write()を用いてArduino-PC間で文字列を送受信します。
今回はUSBケーブルでシリアル通信をおこないました。

【電子部品】
・Arduino UNO (1個)

処理手順

実装するプログラムの処理の流れは下記の通りです。

①シリアルポートを9600 bps[ビット/秒]で初期化する
②PCから送られてくる文字列をシリアル通信で受け取る
③受け取った文字列+改行文字をシリアル通信で送信する
④2~3を繰り返す

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。

シリアルモニターを用いて、Arduinoと文字列を送受信しました。

【関連記事】
Arduino入門 基本的な使い方

シェア&フォローお願いします!