【Arduino】温度センサ(LM35DZ)で気温測定

この記事では、Arduinoマイコンと温度センサ(LM35DZ)で気温を測定する方法をソースコード付きで解説します。

LCD画面に文字列を表示

今回は温度センサLM35DZとArduinoを組み合わせて気温の計測をおこないます.

回路構成(配線図)

Arduinoと電子部品の構成図(左)と温度センサ(右)は下記の通りです。

電子部品 個数
Arduino UNO 1個
温度センサ LM35DZ 1個
ジャンプワイヤー 4本

プログラム(スケッチ)の処理の流れは下記の通りです。

説明
Arduinoのアナログピンから温度センサーの出力電圧を取得する
得られた電圧値から摂氏温度を計算する
シリアル通信で計算した摂氏温度の値をPCに送る
1秒待機

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

float a_in;          // アナログ入力値(0〜203)
float temp_c = 0;  // 摂氏値( ℃ )

void setup(){
  Serial.begin(9600);  // シリアル通信速度
}

void loop(){
  // アナログピンから計測値を取得(0〜203)
  a_in = analogRead(0);
  // 入力値を摂氏に換算
  temp_c = ((5 * a_in) / 1024) * 100;
  // 改行しながら出力
  Serial.println( temp_c );
  // 1000ms待機
  delay(1000);
}

実行結果

下画像はシリアルモニターの画面です。
温度データが送られてきていることがわかります。

おすすめ記事

Arduino入門 基本的な使い方

シェア&フォローお願いします!