【天文学】はくちょう座X-1

はくちょう座X-1についてをまとめました。

スポンサーリンク

【1】はくちょう座X-1の概要

はくちょう座X-1(Cygnus X-1)は、はくちょう座の方向約7,300光年の位置にある天体です。
1964年に観測ロケットによる観測で発見されました。
地球から観測可能なX線源としては最も強力な天体の1つで、HD 226868という青色超巨星とブラックホールによる連星系であると考えられています。

スポンサーリンク

【2】おすすめ解説動画

【天文宇宙検定とは】対策・合格率・合格点まとめ【天文学の入門資格】
天文学の入門資格である天文宇宙検定2級とは?出題範囲、対策、合格率、合格点を中心にまとめをまとめました。
天文・宇宙
スポンサーリンク
西住工房

コメント