【天文宇宙検定2級】「宇宙の起源」分野の対策

天文宇宙検定2級で出題される「宇宙の起源」分野の対策をまとめました。

【用語】ビックバンの命名

項目 概要
宇宙の初期(定説) 確率的なゆらぎから宇宙が突如出現 → 急膨張(インフレーション) → 高温・高密度の火の玉状態(ビッグバン) → 3分以内に水素やヘリウムの原子核が生成(電離状態) → 重力の誕生 → 宇宙の晴れ上がり(原子核と電子が結合)が発生 → クエーサー形成 → 宇宙の暗黒時代 → 宇宙の再電離
ビックバン(大爆発)の命名 1949年にBBCラジオでフレッド・ホイルが膨張宇宙論に対立する宇宙論として定常宇宙論を提唱しており、膨張宇宙論を揶揄してビッグバンと呼んだものを、膨張宇宙論の提唱者ガモフ自身が気に入って使い始めた。
【天文宇宙検定とは】対策・合格率・合格点まとめ【天文学の入門資格】
天文学の入門資格である天文宇宙検定2級とは?出題範囲、対策、合格率、合格点を中心にまとめをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました