【SeeStar S50】かみのけ座の渦巻銀河(M100)を撮影した結果

SeeStar S50でかみのけ座の渦巻銀河(M100)を撮影した結果についてまとめました。

スポンサーリンク

かみのけ座の渦巻銀河(M100)

本ページの内容は以下動画で解説しています。

かみのけ座の渦巻銀河(M100)は、かみのけ座に属する有名な渦巻銀河です。
星座境界線で区切られてしまったため、かみのけ座に属する銀河ですが、5500万光年先のおとめ座銀河団を構成する銀河です。

春の大三角」の一角である「しし座」の「デネボラの斜め上」あたりに「かみのけ座」があります。

国立天文台HPに掲載されている「各月ごとの星空イラスト」で、5月中旬21時だと南の空に位置しています。

スポンサーリンク

SeeStar S50で撮影した結果

4月上旬に光害地のベランダ(南向き)からSeeStar S50でライブスタック撮影したかみのけ座の渦巻銀河(M100)です。
ライブスタック撮影時間は43分です。渦巻きの形状が見えました。

スポンサーリンク

関連ページ

SeeStar S50の様々な使い方については以下ページで解説しています。

【SeeStar S50の使い方まとめ】超簡単に電視観望できるスマート望遠鏡
初心者でも超簡単に天体観測(電視観望)できるスマート望遠鏡(SeeStar S50)の特徴や使い方についてまとめました。

SeeStar S50の初期設定については以下ページで解説しています。

【SeeStar S50】初期設定&撮影方法まとめ
SeeStar S50の初回セットアップと撮影方法についてまとめました。
天文・宇宙
スポンサーリンク

コメント