【SeeStar S50】M11(たて座の散開星団)を撮影した結果

SeeStar S50で】M11(たて座の散開星団)を撮影した結果についてまとめました。

スポンサーリンク

M11(たて座の散開星団)

M11(たて座の散開星団)は、たて座にある散開星団です。
散開星団の中でも密集している星数が多く、星団が扇形に見えます。
また、鴨が群れている様子にも似ていることから、海外ではWild Duck Cluster(ワイルドダック星団、野生のアヒル星団、野生の宇宙アヒル)とも呼ばれています。

スポンサーリンク

SeeStar S50で撮影した結果

5月上旬に光害地のベランダ(南向き)からSeeStar S50でライブスタック撮影したM11(たて座の散開星団)です。
ライブスタック撮影時間は10分ですが、M11の特徴である扇形がはっきり見えました。

スポンサーリンク

関連ページ

SeeStar S50の様々な使い方については以下ページで解説しています。

【SeeStar S50の使い方まとめ】超簡単に電視観望できるスマート望遠鏡
初心者でも超簡単に天体観測(電視観望)できるスマート望遠鏡(SeeStar S50)の特徴や使い方についてまとめました。

SeeStar S50の初期設定については以下ページで解説しています。

【SeeStar S50】初期設定&撮影方法まとめ
SeeStar S50の初回セットアップと撮影方法についてまとめました。
天文・宇宙
スポンサーリンク

コメント