【アルゴリズム】整列、併合、探索、再帰、文字列処理、流れ図の理解、アルゴリズム設計

整列、併合、探索、再帰、文字列処理、流れ図の理解、アルゴリズム設計についてまとめました。

【整列】

【併合】

【探索】

探索
ハッシュ法 ハッシュ法とは、データ探索方法の1つです。データの探索キーの値からデータの格納位置をハッシュ関数を用いて直接計算します。表では、レコードのキー値とハッシュ関数を用いて格納アドレスを求めることでデータにアクセスします。
2分探索法 探索対象のデータが昇順 or 降順に整列されていることが条件として、探索範囲の中央に位置する値と目的の値を比較して探索範囲を1/2に狭めることを再帰的に繰り返して目的のデータを探索するアルゴリズムです。

【再帰】

再帰関数|関数の中からその関数自身を呼び出すような処理を行う関数のことです。再帰呼び出しを行うと、関数を呼び出すたびに引数やローカル変数がメモリを確保します。
【再帰関数とは】基本情報技術者試験の例題

【文字列処理】

【流れ図の理解】

【アルゴリズム設計】

関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事