【経営管理システム】CRM、SCM、ERP、EPIなどの違い

経営管理システムの基礎用語についてまとめました。

【CRM】Customer Relationship Management

CRM(Customer Relationship Management)とは、営業部門だけではなく企業内のすべての顧客チャネルで顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、企業活動に役立てる経営手法です。
顧客との長期的な関係を築くことを重視し、顧客の満足度と利便性を高めることで、それぞれの顧客からの収益率を最大化することが目的です。

【SCM】Supply Chain Management

SCM(Supply Chain Management)とは、サプライチェーン全体の効率を向上するために、情報(生産、在庫、購買、販売、物流など)をリアルタイムに交換する経営手法です。

【ERP】EnterPrise Resource Planning

ERP(EnterPrise Resource Planning)とは、企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画・管理して経営の効率化を図る経営手法です。

【意思決定支援】

【ナレッジマネジメント】

ナレッジマネジメントとは、組織運営の1つです。組織内(会社内など)にあるノウハウ(知識・経験)を効率的に情報共有し、創造性を高めていきます。形式知だけでなく、暗黙知を含めた幅広い知識を共有して活用します。それにより、新たな知識を想像しながら経営を実践していきます。

【リテールサポート】Retailer Support

リテールサポート(Retailer Support)とは、卸売業者・メーカが小売店の経営活動を支援してその売上と利益を伸ばすことで自社との取引拡大につなげる方法です。リテール(retail)とは、一般消費者向けの「小売」指します。

【企業内情報ポータル(EIP)】

【その他】

用語 概要
サプライチェーンマネジメント 購買,生産,販売及び物流を結ぶ一連の業務を企業内、企業間で全体最適の視点から見直し、納期短縮や在庫削減を図ります。
HRM Human Resource Management(人的資源管理)の略で、社員のスキルや行動特性を把握し、人事戦略の視点から適切な人員配置・評価などのマネジメントを行うことです。
おすすめ記事
関連 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
コンピュータ
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました