【情報処理の法律】サイバーセキュリティ基本法、不正アクセス禁止法、刑法(ウイルス作成罪ほか)

情報処理の法律とは?ガイドライン、技術者倫理、プコンプライアンス、情報倫理などについてまとめました。

スポンサーリンク

【ガイドライン】

スポンサーリンク

【技術者倫理】

スポンサーリンク

【コンプライアンス】

スポンサーリンク

【情報倫理】

スポンサーリンク

【その他】

用語 解説
製造物責任法(PL法) 製造物の欠陥により消費者側に被害が生じた際に製造業者の損害賠償の責任について定めることで、被害者の保護を目的とした法律です。製造物の欠陥とは「当該製造物の特性、その通常予見される使用形態、その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他の当該製造物に係る事情を考慮して、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていること」と定義されており(2条2項)、設計上の問題や製造上の問題,及び取扱説明書の記述に不備がある場合などが該当する。
公益通報者保護法 公益を図る内部告発を確保するために、公益通報を行ったことによる不利益から公益通報者を守るための法律です。公益通報者に対する解雇の無効、労働派遣契約解除の無効、降格、減給等の不利益扱いの禁止を定める一方、不利益な取扱いを行った事業者に対する罰則規定はありません。
電子帳簿保存法 帳簿類を紙媒体でなく、電子媒体で保存できるようになった。例えば、社内に会計システムをもたない会社が、委託先会計事務所の電子計算機を用いて、取引の最初の記録から一貫して国税関係の帳簿を作成することができます。ただし、電子帳簿保存を行うシステム関係書類(システム概要書、システム仕様書、操作説明書)は備え付ける必要があります。
アーヴィング・ジャニスが指摘した集団思考の問題点の八つの兆候 心の警備(集団に新しく加わったメンバなどが異議を唱える場合には、それを防止して、集団を保護しようとする)、②集団は不死身の幻影、③われわれ感情④合理化⑤モラルの幻影⑥波風を立てないよう自己検閲⑦満場一致の幻影⑧直接圧力
【情報処理入門】用語解説・資格試験対策まとめ
情報処理分野の用語・原理・資格試験対策について解説します。
コンピュータ
スポンサーリンク
西住工房

コメント