【情報処理の法律】サイバーセキュリティ基本法、不正アクセス禁止法、刑法(ウイルス作成罪ほか)

情報処理の法律とは?ガイドライン、技術者倫理、プコンプライアンス、情報倫理などについてまとめました。

【ガイドライン】

【技術者倫理】

【コンプライアンス】

【情報倫理】

【その他】

用語 解説
製造物責任法(PL法) 製造物の欠陥により消費者側に被害が生じた際に製造業者の損害賠償の責任について定めることで、被害者の保護を目的とした法律です。製造物の欠陥とは「当該製造物の特性、その通常予見される使用形態、その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他の当該製造物に係る事情を考慮して、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていること」と定義されており(2条2項)、設計上の問題や製造上の問題,及び取扱説明書の記述に不備がある場合などが該当する。
公益通報者保護法 公益を図る内部告発を確保するために、公益通報を行ったことによる不利益から公益通報者を守るための法律です。公益通報者に対する解雇の無効、労働派遣契約解除の無効、降格、減給等の不利益扱いの禁止を定める一方、不利益な取扱いを行った事業者に対する罰則規定はありません。
【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
情報処理の基礎知識(テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系)や資格試験についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました