【データ構造】スタックとキュー、リスト、配列、木構造、2分木

スタックとキュー、リスト、配列、木構造、2分木についてまとめました。

## 【スタックとキュー】

種別 概要
スタック 後に入ったものを先に出します(スタック)。LIFO(Last In First Out) とも呼ばれる。後入れ先出し以外のアクセスが遅いのが欠点。
キュー 先に入ったもを先に出します(キュー)。FIFO(First In First Out) とも呼ばれる。先入れ先出し以外のアクセスが遅いのが欠点。

データ構造に対する各種操作は以下のとおりです。

操作 概要
探索 データを取り出すために指定したキーの値をもつデータの位置をみつける操作です。
削除 指定したキーの値をもつデータを削除する操作です。
挿入 新しいデータを追加する操作です。

## 【リスト】

## 【配列】

用語 概要
配列 データを並べたデータ形式で、ほとんどのプログラミング言語に存在する基本的な形式のひとつ。配列に含まれるそれぞれのデータを要素といい、キーによって識別される。
【利点】
・挿入が高速
・インデックスがわかればアクセスは高速
【欠点】・探索・削除が遅い
・サイズが固定
順序配列 並び順に要素が並んでいる(ソートされている)配列。
【利点】
・単純な配列より高速
【欠点】・挿入・削除が遅い
・サイズが固定

## 【木構造】

## 【2分木】

関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました