【データベース方式】データベースの種類と特徴、データベースのモデル、DBMS

データベースの種類と特徴、データベースのモデル、DBMSについてまとめました。

【データベースの種類と特徴】

種類 特徴
関係データベース データ1つをキー項目として、複数の2次元の表(テーブル)が関連づけられているデータベースです(RDB)。データを表として表現し、表間は相互の表中の列の値を用いて関連付けられます。表を「テーブル」、行を「レコード」または「タプル」、列を「カラム」または「フィールド」と呼び、複数の表の関連は主キー同士または主キーと外部キーによって行われます。
階層型データベース レコード間の関係を,ポインタを用いたデータ構造で表現する。木構造の表現に制限される。
ネットワーク型データベース レコード間の関係を,リンクを用いたデータ構造で表現する。木構造や網構造も表現できる。

【データベースのモデル】

【DBMS】

用語 特徴
定義機能(スキーマ) データの内容,データの論理構造,記憶形式や編成などデータベースの構造を記述したものです。
機密保護機能 ユーザ認証、アクセス権限、利用ログの記録、暗号化などによってデータを安全に保つ機能です。
障害回復機能 ロールバック、ロールフォワード、チェックポイント、更新前/更新後ログの記録などによってデータベースを障害から発生する機能です。
保全機能 排他制御や参照制約、表制約などによってデータの完全性を保つ機能です。
関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
コンピュータ
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました