【データベース】ロックの粒度とは

データベースにおける「ロックの粒度」についてまとめました。

ロックの粒度とは

ロックとは、リソース(表の行データなど)が他からアクセスできないようロックをかけることです。
ロックの粒度とは、このロックをかける対象範囲です。
この対象範囲には、「論理的な単位(データベース、表、行)」や「物理的な単位(ブロック、ページ)」があります。

ロックの粒度とトランザクションの関係

「ロックの粒度」と「トランザクション」の関係は次の通りです。

説明
粒度が細かい ロックの競合が少ないため、同時実行可能なトランザクションが増える
粒度が粗い ロックの競合が多いため、同時実行可能なトランザクションが減る
関連ページ
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
コンピュータ
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました