【入出力デバイス】USB、IEEE1394

入出力デバイスとは?USB、IEEE1394などについてまとめました。

【入出力デバイスの種類と特徴】

【入出力インタフェース】

種別 概要
USB ●Universal Serial Busの略。現在最も普及している周辺機器接続のためのインターフェイスで、シリアルバス規格の1つ。ハブを使うことで最大127台まで接続可能、ホットプラグ・プラグアンドプレイが可能、バスパワー方式に対応しており小電力のデバイスならコードを介して電源供給もできる。データ転送速度は、USB1.0が12Mbps, USB2.0で480Mbps, 最新のUSB3.0では5Gbpsとなり、給電能力も強化されている。
IEEE1394 FireWireとも呼ばれるAV機器やコンピュータを接続する高速シリアルインターフェース規格。同時に64台を接続可能で最大800Mbpsの速度で通信ができ、プラグアンドプレイやホットプラグなどにも対応。
RS-232C ・シリアル通信の1つ。平行線を使用しているため、コモンモードノイズに弱く、長距離通信できない(最大ケーブル長が15m程度)
・信号の振幅が大きい(電圧±5~15V)ため、多少のノイズには影響されないが、その分電圧変化に時間がかかるため、通信速度が遅い・)
RS-485 ・シリアル通信の1つ。差動信号(ツイストペア線)のためノイズに強く、長距離伝送が可能(規格上の最大通信距離は1.2km)
・RS-232より振幅電圧が低い(±2~5V)ため、電圧変化に時間がかからず高速に通信可能(規格上の伝送速度は最大10Mbps程度)
CAN 自動車等に搭載されているネットワーク通信で、2本の通信線で各ノードと通信をします。

【デバイスドライバ】

【デバイスとの同期】

【アナログ・ディジタル変換】

【DMA】

関連記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【開発ツール】設計ツール、構築ツール、テストツール
コンピュータ
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました