【MTBFとMTTR】意味と計算方法・例題

MTBFとMTTRの違い、意味、計算方法についてまとめました。

## MTBFとMTTRの意味・違い

MTBFとMTTRは両方ともシステムの信頼性を示す値です。
それぞれ次のような違いがあります。

意味
平均故障間隔(MTBF:Mean Time Between Failures) システムの故障と故障の間の平均時間。
※MTBFが大きい・・・稼働時間が長く、信頼性が高い
平均修理時間(MTTR:Mean Time To Repair) システムの復旧・修理にかかる平均時間。
※MTBFが小さい・・・復旧・修理が早く、信頼性が高い

## MTBFとMTTRの計算方法・例題

システムの状態 時間[h]
稼働 500
故障 10
稼働 300
故障 20
稼働 400

MTBF = (500+300+400)/3 = 400[h]
MTTR = (10+20)/2 = 15[h]

ハードディスクをはじめとした初期不良で 返品したり、5年、6年と経つと故障率が高くなってきて買い替え時期になってきます。

関連ページ、その他
関連 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
コンピュータ
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました