【プロダクトライフサイクル】導入期・成長期・成熟期・衰退期の特徴

プロダクトライフサイクルにおける「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の意味と違いについてまとめました。

プロダクトライフサイクルとは

プロダクトライフサイクルとは、製品を市場に投入してから普及、成熟し、やがて売れなくなり姿を消すまでの一連のプロセスのことです。

導入期・成長期・成熟期・衰退期

プロダクトライフサイクルでは、導入期→成長期→成熟期→衰退期の順で推移を表現します。
企業は、現在、製品がライフサイクルのどのステージにあるかによって、適した商品展開の戦略を考えることが可能です。一般に、導入期では「製品認知度の向上」、成長期では「他社との差別化」、成熟期では「製品改良・多様化」、衰退期では「撤退時期の決定」などの戦略が重要となってきます。

プロセス 特徴
導入期 製品の需要が限定的で、さらなる新規需要開拓が必要となります。
成長期 市場が製品の価値を理解し始める時期で、売上が伸びます。そのため積極的な投資が必要となります。
成熟期 製品の需要が大きくなり、他社製品の競争も激化します。そのため「製品の差別化」「新品種の追加」「コストダウン」が必要となります。
衰退期 製品の需要が減少し、撤退する企業も出てきます。代替市場への進出なども検討する必要があります。
関連ページ
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事