【プロジェクトのスコープ】スコープの定義、WBSの作成、活動の定義、スコープの管理

プロジェクトのスコープ(スコープの定義、WBSの作成、活動の定義、スコープの管理)についてまとめました。

【スコープの定義】

【WBSの作成】

WBSの作成
WBS Work(作業)、Breakdown(分解)、Structure(構造化)の略です。つまり、プロジェクトの「作業を分解し構造化」します。作業を分解してできた最小単位をワークパッケージといいます。さらにワークパッケージを分解したもんを「アクティビティ」といいます。WBSでは、「アクティビティ」の工数や担当を見積もり、工程表に表現します。
WBSガントチャート プロジェクトの工程管理に使う表の1つです。WBSとガントチャートを連結したものです。単純に「管理表」や「スケジュール表」という名前で使われる場合もあります。進める作業の順番や期間を横棒グラフでまとめて表現できます。

【活動の定義】

【スコープの管理】

管理手法 概要
EVM、トレンドチャート 開発の期間と費用がトレードオフの関係にある場合に、総費用の最適化を図る目的で使用します。
アローダイアグラム 作業の順序関係を明確にして,重点管理すべきクリティカルパスを把握する目的で使用します。
関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事