【サービスデスク】ローカル・中央・バーチャル等の違い

サービスデスクの種類と違いについてまとめました。

## サービスデスクの種類と違い

サービスデスクの種類 説明
ローカルサービスデスク 利用者側の(物理的・仮想的)近くに設置されたサービスデスク。利用者の問題や改善点をフィードバックしやすい。
中央サービスデスク 全利用者からの問い合わせに一拠点で対応する体制のサービスデスク。運営コストが低く、情報の管理もしやすい。
バーチャルサービスデスク 物理的には分散しているが、IT技術を活用することで擬似的に1拠点のように機能するサービスデスク。
フォロー・ザ・サン 2つ以上の異なる(大陸の)拠点に配置され、中央での統括管理によって24時間365日のサービスを提供するサービスデスク。
関連ページ
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
2 【Access入門】基礎的な使い方
コンピュータ
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました