【ソリューションビジネスとは】種類とサービス形態、業務パッケージ、ASP、SOA

ソリューションビジネスとは?種類とサービス形態、業務パッケージ、ASP、SOAなどについてまとめました。

【ソリューションビジネスの種類とサービス形態】

ソリューションビジネスとは、顧客の経営課題の達成に向けて、情報技術と専門家が顧客の業務上の要求や課題を分析・把握し、それらの問題解決を支援することです。

【業務パッケージ】

【問題解決支援】

【ASP】

【SOA】

SOA(Service-Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)とは、ソフトウェアの機能とサービスをネットワーク上で連携させて大規模なコンピューターシステムを構築する手法です。

SOAに対応した製品の特徴
1 アプリケーションが業務処理などの単位でサービス化されている
2 サービスを組み合わせてアプリケーションを構築している
3 オープンで標準的なインターフェースでサービスが定義され、呼び出すことが可能である

【クラウドコンピューティング】SaaS,PaaS,IaaS

種別 概要
SaaS Software as a Serviceの略です。利用者に対して、アプリケーションソフトウェアの必要な機能だけを必要なときに、ネットワーク経由で提供します。
PaaS Platform as a Serviceの略です。利用者に対してサーバやネットワークなどのインフラ設備に加え、OSやミドルウェアを提供します。それにより、利用者は提供されるOSやデータベースシステム、プログラム言語処理系などを組み合わせて利用できます。
IaaS Infrastructure as a Serviceの略です。IaaS提供側は、コンピュータシステムを構築および稼動させるための基盤(仮想マシンやネットワークなどのインフラ)そのものを、インターネット経由のサービスとして提供します。 例えば、ハイパーバイザー(hypervisor)などのコンピュータの仮想化技術で仮想マシンを実現するソフトウェアを利用してゲストOSであるOS環境を提供します。
関連記事
1 【情報セキュリティ対策】マルウェア・不正プログラム、不正アクセスなど
2 【開発ツール】設計ツール、構築ツール、テストツール
コンピュータ
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました