サブネットマスク

サブネットマスクについてまとめました。

サブネットマスク

サブネットマスクは、IPアドレスを分割し、「ネットワークアドレス部分」「ホストアドレス部分」を識別するために使います。

例題(情報処理安全確保支援士 平成22年春期 問20)

【問】
192.168.1.0/24のネットワークアドレスを16個のサブネットに分割したときのサブネットマスクは次のどれか答えよ。

①255.255.255.192
②255.255.255.224
③255.255.255.240
④255.255.255.248

(正答)

①〜④の下位8ビットを2進数に直します。

①192 → 11000000
②224 → 11100000
③240 → 11110000
④248 → 11111000

マスク部分(ビットが1の部分)の個数がnのとき、2^n個のビット列(サブネットワークアドレス)が表現できます。
よって、16個のサブネットワークアドレスを表現するにはn=4である必要があります。よって、③が答え。

【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
情報処理の基礎知識(テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系)や資格試験についてまとめました。なお、情報処理技術者試験の試験要綱で整理されている分野別(テクノロジ系、マネージメント系、ストラテジ系)に各項目を整理しています。そのため、I...

コメント

タイトルとURLをコピーしました