【システムの構成】システムの処理形態、システムの利用形態など

システムの処理形態、システムの利用形態、システムの適用領域、仮想化、クライアントサーバシステム、Webシステム、シンクライアントシステム、フォールトトレラントシステム、RAID、NAS、SAN、P2P、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、クラスタについてまとめました。

【システムの処理形態】

システムの処理形態
デュプレックスシステム 「現用系」と「待機系」の2系統で構成されるシステムのことです。つまり、同じコンピューターを2台用意し、1台を可動させ、もう1台は故障時の予備としてバッチ処理だけさせて待機させます。
デュアルシステム 同じ処理を2台のコンピュータシステムで行います。そして、その結果を照合機で確認して処理を進行します。
シンプレックスシステム 必要最小限の機器で構成されたコンピューターシステムです。構成機器の一つでも障害が発生すればシステム全体が動作しなくなるため信頼性は低いです。
パラレルプロセッサシステム 1つのシステムに複数のCPUがあり並列処理ができるコンピュータシステムです。CPUの障害時に、故障したCPUを切り離して継続稼働できます。それ以外の機器は二重化していないため継続稼働できません。

信頼性の高さ

デュアルシステム>コールドスタンバイシステム>シンプレックスシステム

【システムの利用形態】

利用形態 概要
シンクライアントシステム シンクライアントシステム(Thin Client System)とは、クライアント側(利用者)の端末の機能を最小限にして、サーバー側で重い処理を行わせるシステムです。サーバ側で重い処理を行った後、その結果画面を画面転送プロトコルでクライアント側の端末に転送します。このようなシステムなため、薄い(Thin)クライアント(Client)からシンクライアントシステムと呼ばれています。

【システムの適用領域】

【仮想化】

【クライアントサーバシステム】

【Webシステム】

用語 概要
クライアントサーバシステム クライアントとサーバに分離したコンピュータネットワークの形態です(client-server system:C/S)。
3層クライアントサーバシステム クライアントサーバシステムを「プレゼンテーション層」「ファンクション層」「データ層」の3層に分離したモデルです。

【シンクライアントシステム】

シンクライアントシステム
シンクライアントシステム シンクライアントシステム(Thin Client System)とは、クライアント側(利用者)の端末の機能を最小限にして、サーバー側で重い処理を行わせるシステムです。サーバ側で重い処理を行った後、その結果画面を画面転送プロトコルでクライアント側の端末に転送します。このようなシステムなため、薄い(Thin)クライアント(Client)からシンクライアントシステムと呼ばれています。

【フォールトトレラントシステム】

【RAID】

【NAS】

【SAN】

【P2P】

【ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)】

【クラスタ】

関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事