【WAFとは】セキュリティの仕組み

WAFとは?セキュリティの仕組みなどについてまとめました。

【はじめに】WAFとは

WAF(Web Application Firewall)とは、Webアプリケーションに対するアクセス内容を監視し、攻撃とみなされるパターンを検知したときに当該アクセスを遮断するファイアウォールです。
具体的には、通過するパケットのIPアドレス、ポート番号、ペイロード部(データ部分)をチェックすることで、Webアプリケーションに対する攻撃を検知し、遮断することが可能です。Webシステムへの攻撃はウェブアプリケーション側で対処すべき問題ですが、Webアプリケーション側だけでセキュリティ対策を万全にすることは難しいため、WAFを利用してセキュリティ対策の不十分さを補完し、Webアプリケーションの堅牢性を高めます。

関連記事
1 【情報セキュリティ対策】マルウェア・不正プログラム、不正アクセスなど
2 【開発ツール】設計ツール、構築ツール、テストツール
関連記事