【Wi-Fi測位】屋内でスマホの位置測定する仕組み・原理

この記事では、Wi-Fi測位を使って屋内でスマホの位置測定する仕組み・原理について解説します。

屋内での位置測定

屋内では人工衛星からの電波を受信できないため、GPSによる位置測位ができません。
その場合、位置測定にはWi-Fi測位などが使われます。
iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでは既に利用されている技術です。
Google Mapで建物や地下に居ても大まかな自己位置が表示されるのはこの技術のおかげです。

Wi-Fi測位の原理・仕組み

Wi-Fi測位とは、人工衛星ではなく複数のWi-Fi基地局からの電波を受信して位置を測定する方法です。
受信した電波強度の大きさと三点測位で大まかな位置を推定します。
そのため、GoogleやAppleは世界中にあるWi-Fi基地局の位置情報データベースを所有しています。

特徴(メリット・デメリット)

説明
メリット 既存のWiFiスポットをそのまま活用できるため設備投資のコストが安い
デメリット 電波強度は付近の障害物などによって大きく左右されるため精度はあまり良くない

関連記事

【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ

関連記事