【Dart】オブジェクトをJSON(文字列)に変換

DartでオブジェクトをJSON(文字列)に変換する方法についてソースコード付きでまとめました。

【Dart】オブジェクト -> JSON(文字列)

dart:convertに含まれるJsonCodecクラスのencodeメソッドを使って、オブジェクトからJSON文字列へ変換します。

【サンプルコード】Dart

サンプルプログラムのソースコードです。

import 'dart:convert';

void main() {
  String stringData  = "Excalibur";
  int    intData  = 114514;
  List   listData = ["Saver", 123, "Excalibur", 456];
  Map    mapData  = {"Saver":"Altria", "List":["x", 10], "Map":{"key":"value"}};

  // オブジェクト(String, Int, List, Map)をJSON文字列(String)へ変換
  print( json.encode(stringData) ); // "Excalibur"
  print( json.encode(intData) );    // 114514
  print( json.encode(listData) );   // ["Saver",123,"Excalibur",456]
  print( json.encode(mapData) );    // {"Saver":"Altria","List":["x",10],"Map":{"key":"value"}}
} 
関連記事
1 【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
2 【Dart入門】基礎文法とサンプルコード集
関連記事