【電池】Cレート、時間率とは?意味と違い

二次電池(リチウムイオン電池など)におけるCレート、時間率とは?意味や違い、計算方法についてまとめました。

【Cレートとは】1C、2Cレートの意味

二次電池(リチウムイオン電池など)の試験評価を行う際に「時間率」「Cレート」という単語がでてきます。
Cレートとは、電池に対して充放電するときの電流の大きさを表します。
1Cの「C」は電池の公称容量(Capacity)を定格放電して1時間(1h)で放電終了となる電流値のことです(0.2Cなら5時間で放電終了)。

定義
1C 電池が満充電状態(SOC100%)が1時間で完全に放電される(SOC0%)時の電流値
2C 電池が満充電状態(SOC100%)が0.5時間で完全に放電される(SOC0%)時の電流値
計算例 1Cの電流値
公称容量2.4Ahの電池 1C=\frac{2.4Ah}{1h}=2.4A
公称容量0.7Ahの電池 1C=\frac{0.7Ah}{1h}=0.7A

【時間率とは】1時間率、2時間率

時間率とは、「電池が満充電状態(SOC100%)からある電流で放電した場合、あるで電池が完全に放電される(SOC0%)時の電流値」と定義されています。
例えば、1時間率ならば「1時間で完全に放電されるときの電流値」となります。
つまり、Cレートの逆数で時間率が大きくなるほど、電流値は小さくなります。

【計算例】Cレート、時間率の電流値

電池の定格容量が10000[mAh]の場合、1C、2Cレートの電流値は以下のようになります。

定義
1C 10000[mA]
2C 20000[mA]
1時間率 1C=10000[mA]
2時間率 0.5C=5000[mA]

ただし、実環境では「過電圧」があるためCレートにより放電時間は変動します。

参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
電気・電子工学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました