一次電池と二次電池の違い・種類

一次電池と二次電池の違い・種類についてまとめました。

一次電池と二次電池の違い

一次電池と二次電池の違いを簡単にいうと以下の通りです。

説明
一次電池 使い捨ての電池
二次電池 繰り返し充電して使える電池

つまり、充電できるかできないかが違いです。

一次電池

一次電池の仕組み

種類 概要
マンガン乾電池 ■正極:二酸化マンガン
■負極:亜鉛(缶)
■電解液:塩化亜鉛溶液
■最も有名な一次電池(通称:乾電池)
■特徴:安価で軽量
■主な用途:時計、リモコンなど小電力機器向き
アルカリ乾電池 ■正極:二酸化マンガン
■負極:亜鉛
空気亜鉛電池 ■負極:亜鉛
酸化銀電池 ■正極:酸化銀
■負極:亜鉛
リチウム一次電池 ■正極:缶(二酸化マンガン、フッ化黒鉛、塩化チオニルなど)
■負極:リチウム金属
■電解液:有機溶液(リチウムイオンを含む)

二次電池

関連記事
1 電気・電子回路入門
関連記事