【電池とは】種類・違い(化学電池・物理電池・生物電池)

電池の種類・違い(化学電池・物理電池・生物電池)ついてまとめました。

【電池とは】

電池とは、「あるエネルギーから直流の電力を生成する電力機器」です。
電力を生成する元となる「エネルギーの種類」によって、電池は「化学電池」「物理電池」「生物電池」の3種類に大別されます。

【電池の種類・違い】化学電池・物理電池・生物電池

「化学電池」「物理電池」「生物電池」の違いは次の通りです。

種類 説明
化学電池 化学反応から電気エネルギーを生成。
【例】乾電池、スマホのバッテリーなど
物理電池 物理エネルギー(光や熱など)から電気エネルギーを生成。
【例】太陽電池、原子力電池など
生物電池 生体触媒(酸素やクロロフィルなど)や微生物の生物化学的な変化をから電気エネルギーを生成。
【例】生物太陽電池、生物燃料電池など
参考文献・関連ページ
1 【電池入門】基本原理・アルゴリズム
2 電気・電子回路入門
関連記事