【電験3種】法規・計算問題「B種・D種接地工事」「1線地絡電流」の計算例

電験三種(法規)における計算問題「B種・D種接地工事」「1線地絡電流」の計算例をまとめました。

【電技解釈17・24条】B種接地工事の接地抵抗値とその根拠

B種接地で混触事故が起きると、電位上昇(1線地絡電流Ig×接地抵抗)が起きますが、安全のために低圧電路の対地電圧に上限が定めらています。
この上限値を1線地絡電流で割ったものが、B種接地工事の接地抵抗値の上限となっています。
B種接地とD種接地の内容は以下のとおりです。

種別 接地抵抗値 特徴 接地線
B種接地 150/Ig[Ω]以下(漏電遮断器の動作時間が1秒以内なら600/Ig[Ω]、1秒超2秒以内なら300/Ig[Ω]) 高圧又は特別高圧電路と低圧電路の間にある変圧器の低圧側の中性点の1線に施す接地。変圧器の混触(高圧側と低圧側が接触し、高圧が低圧側に流れ込んむこと)時に電圧上昇を抑えるのが目的。 変圧器一次側電圧が15000V以下なら直径2.6mm以上の軟銅線15000V超えなら直径4mm以上の軟銅線(その他、詳細は電技解釈第17条2項を参照)
D種接地 100[Ω]以下(漏電遮断器の動作時間が0.5秒以内なら500Ω以下) 300V以下の低圧の電気機器外箱等、高圧計器用変成器の2次側電路の接地。感電等の災害防止用。 直径1.6mm以上の軟銅線(※詳細は電技解釈第17条4項を参照)
【電験三種】「A種、B種、C種、D種接地の違い」「変圧器の混触防止用の接地」と例題
電験三種(法規)における「電気設備の接地」と「A種、B種、C種、D種接地の違い」と例題をまとめました。

【1線地絡電流】計算方法

1線地絡電流Igは、実測値か以下の式で計算したい値を用います(電験3種試験では問題で与えられるので暗記不要)。

(1)   \begin{eqnarray*} Ig=1+\frac{\frac{V'}{3}L-100}{150}+\frac{\frac{V'}{3}L'-1}{2} \end{eqnarray*}

Ig:1線地絡電流[A]・・・小数点以下切り上げ。2未満の場合は2になる。
V”:公称電圧÷1.1[kV]
L:同一母線に接続される高圧電路の電線延長(ケーブルを除く)[m]
L’:同一母線に接続される高圧電路の線路延長(ケーブルに限る)[m]

【D種接地工事】

D種接地の接地抵抗値や対地電圧を求める問題が出ます。

【電験3種】法規「電技・電気使用場所の施設(56-78条)」の攻略ポイントと例題
電験三種(法規)における「電技・電気使用場所の施設(56-78条)」の計算問題の攻略ポイントをまとめました。
【電験3種とは】出題範囲と対策まとめ
電験三種とは?出題範囲と対策まとめについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました