【電験3種】理論「オペアンプ回路」の攻略ポイントと例題

電験3種における理論「オペアンプ回路」の攻略ポイントと例題についてまとめました。

【オペアンプ】反転増幅回路の動作

オペアンプを用いた最も単純な反転増幅回路は以下の通りです。

上記の回路の入力電圧をV_oとするとき、出力電圧V_i

(1)   \begin{eqnarray*} V_o=-\frac{R\2}{R_1}V_i \end{eqnarray*}

となります。
この式からもわかるとおり、入力電圧V_iが反転して増幅された形で出力電圧V_oを得ることが出来ます。

【オペアンプ】反転増幅回路の原理・計算式・例題
オペアンプを用いた反転増幅回路の原理や計算式、例題について紹介します。

【オペアンプ】非反転増幅回路の動作

オペアンプを用いた最も単純な非反転増幅回路は以下の通りです。

上記の回路の入力電圧をV_oとするとき、出力電圧V_i

(2)   \begin{eqnarray*} V_o=\frac{R_1+R_2}{R_1}V_i \end{eqnarray*}

となります。
この式からもわかるとおり、入力電圧V_iが増幅された形で出力電圧V_oを得ることが出来ます。

【オペアンプ】非反転増幅回路の原理・計算式・例題
オペアンプを用いた非反転増幅回路の原理や計算式、例題について紹介します。

【オペアンプ】微分回路の動作

オペアンプを用いた最も単純な微分回路は以下の通りです。

上記の回路の入力電圧をV_oとするとき、出力電圧V_i

(3)   \begin{eqnarray*} V_o=-CR\frac{dV_i}{dt} \end{eqnarray*}

となります。
この式からもわかるとおり、入力電圧V_iが時間微分された形で出力電圧V_oを得ることが出来ます。

パラメータ 内容
V_i 入力電圧
V_o 出力電圧
R 抵抗値
C コンデンサの静電容量
【オペアンプ】微分回路の原理・計算式・例題
オペアンプを用いた微分回路(CR)の原理や計算式、例題について紹介します。

【オペアンプ】積分回路の動作

オペアンプを用いた最も単純な積分回路は以下の通りです。

上記の回路の入力電圧をV_oとするとき、出力電圧V_i

(4)   \begin{eqnarray*} V_o=-\frac{1}{CR}\int V_idt \end{eqnarray*}

となります。
この式からもわかるとおり、入力電圧V_iが時間積分された形で出力電圧V_oを得ることが出来ます。

パラメータ 内容
V_i 入力電圧
V_o 出力電圧
R 抵抗値
C コンデンサの静電容量
【オペアンプ】積分回路の原理・計算式・例題
オペアンプを用いた積分回路(RC)の原理や計算式、例題について紹介します。
【電験3種とは】出題範囲と対策まとめ
電験三種とは?出題範囲と対策まとめについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました