【電験3種】漏洩電流の許容最大値の計算方法

電験3種における漏洩電流の許容最大値の計算方法係についてまとめました。

漏洩電流の許容最大値

定格容量100kV・A、一次電圧6.6kV、二次電圧210Vの三相電圧器に接続されたで低圧架空電線路がある。
使用電圧に対する漏洩電流の許容最大値を求めよ。

電技省令22条より、漏洩電流の許容最大値は「最大供給電流Im(変圧器の二次側の定格電流)の2000分の1を超えない」ようにする必要がある。

(1)   \begin{eqnarray*} I_m=\frac{P}{\sqrt{3}V}=\frac{100\times 10^3}{\sqrt{3}\times 210}=275A \end{eqnarray*}

よって、その1/2000の0.138Aが許容最大値

【電験3種・法規】電気事業法42条「保安規程」とは
電験3種における電気事業法で出題される保安規程についてまとめました。
【電験3種とは】出題範囲と対策まとめ
電験三種とは?出題範囲と対策まとめについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました