【電験3種】%Z(パーセントインピーダンス)と三相短絡電流の計算式・例題

電験3種における%Z(パーセントインピーダンス)と三相短絡電流の計算式・例題についてまとめました。

【送電線】%Zと三相短絡電流の計算

基準容量Pn、基準電圧Vn、基準電流Inとすると、%Z[%]は以下の式で計算できます。

(1)   \begin{eqnarray*} \%Z=\frac{\sqrt{3}ZI_n}{Vn}\times 100 = \frac{ZP_n}{Vn^2}\times 100 \end{eqnarray*}

%Z[%]は「パーセントインピーダンス」(インピーダンスZ[Ω]の百分率インピーダンス)といいます。
上記より、%ZとPnは比例関係となります。よって、基準容量Pn1の時の百分率インピーダンスを%Z1、基準容量Pn2の時の百分率インピーダンスを%Z2とすると以下の関係式が成立します。

(2)   \begin{eqnarray*} \% Z_2=\frac{P_{n2}}{P_{n1}}\times \% Z_1 \end{eqnarray*}

【三相短絡電流Isの計算】
線路の百分率インピーダンスが%Zのとき、その線路における短絡電流Isは以下の式で計算できます。

(3)   \begin{eqnarray*} Is=\frac{I_n}{\% Z}\times 100 \end{eqnarray*}

【電験3種とは】出題範囲と対策まとめ
電験三種とは?出題範囲と対策まとめについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました