【電気工事法とは】第一条の解釈(目的)

電気工事法とは?第一条の解釈(目的)についてまとめました。

【電気工事法とは】第一条の解釈(目的)

電気工事法第1条では、以下のように目的が定められています。

第一条 この法律は、電気工事の作業に従事する者の資格及び義務を定め、もつて電気工事の欠陥による災害の発生の防止に寄与することを目的とする。
電気工事法第1条 – e-Gov法令検索

参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 電気・電子回路入門
関連記事