【断線】単相2線式、単相3線式、三相3線式

単相2線式、単相3線式、三相3線式の断線についてまとめました。

【断線】単相2線式

単相2線式の回路で断線が発生した時の状態は次のようになります。

■単相2線式(非接地側電線:黒色が断線)
電球(負荷)に電圧はかからないため、消灯します。

■単相2線式(接地側電線:白色が断線)
電球(負荷)に電圧はかからないため、消灯します。

【断線】単相3線式

■単相3線式(非接地側電線:黒色が断線)
電球1、3にかかる電圧が50Vと小さくなるため、消灯します。
電球2は100Vのままなので、点灯したままです。

■単相3線式(非接地側電線:赤色が断線)
電球2、3にかかる電圧が小さくなるため、消灯します。
電球1は100Vのままなので、点灯したままです。

■単相3線式(中性線:青色が断線)
電球1、2の電圧は100V、電球3の電圧は200Vのままなので、すべて点灯したままです。

ただし、100V用の電灯が仕様が異なる製品のものだと、100V用電灯には過電圧(100V以上の電圧)がかかり壊れる危険性があります。
そのため、電気工事のときに中性線は切断してはいけません。

【断線】三相3線式(Y結線)

■Y結線(赤色が断線)
電線(赤色)が断線すると、電球1には電流が流れないため消灯します。
電球2・3は分圧されて電圧が小さくなるため、消灯or暗くなります。

■Y結線(白色が断線)
電線(白色)が断線すると、電球1には電流が流れないため消灯します。
電球1・3は分圧されて電圧が小さくなるため、消灯or暗くなります。

■Y結線(黒色が断線)
電線(黒色)が断線すると、電球1には電流が流れないため消灯します。
電球1・2は分圧されて電圧が小さくなるため、消灯or暗くなります。

【断線】三相3線式(Δ結線)

■Δ結線(赤色が断線)
電線(赤色)が断線すると、電球1・3には電流が流れないため消灯します。
電球2は点灯したままです。

■Δ結線(白色が断線)
電線(白色)が断線すると、電球1・2には電流が流れないため消灯します。
電球3は点灯したままです。

■Δ結線(黒色が断線)
電線(黒色)が断線すると、電球2・3には電流が流れないため消灯します。
電球1は点灯したままです。

参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
電気・電子工学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました