【蓄電池】ドープとは?プリドープとの違い

蓄電池におけるドープとは?プリドープとの違いどについてまとめました。

【ドープとは】プリドープとの違い

意味
ドープ(Doop) ある材料に対して、元材料と異なる少量の添加物を加えること。電池分野では、正極材の一部に別の材料をドープ(少量添加)させることで、電池の安定性(寿命)を向上させたりします。
プリドープ(Pre-dope) 材料中に対して、反応するイオンをあらかじめドープ(少量添加)させておくこと。
参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
4 複線図のデータ
関連記事