【電気工事士】ライティングダクト工事

ライティングダクト工事についてまとめました。

【ポイント】ライティングダクト工事

ライティングダクトとは、スポットライトなどの照明器具やコンセントを接続できる溝形の配線器具です。
ライティングレールとも呼ばれ、 ダクトの自由な位置に照明器具を配置できます。
照明などを移動させる機会が多い、服装店、スーパー、デパートなどでよく利用されています。

ライティングダクト工事のポイント
施設方法 ●漏電遮断器を施設(ダクトに電気を供給する電路に対して)
支持点間距離 2m以下
ダクト終端部 閉そくする
接地 ●ライティングダクトに対してD種接地工事で接地
(合成樹脂等の絶縁物で金属製部分を被覆したダクトを使用する場合や、対地電圧が150V以下、ライティングダクトの長さが4m以下の場合は省略可能)
注意 ●ダクトの開口部は下向きにする
禁止事項 ●造営材の貫通
参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
4 複線図のデータ
電気・電子工学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました