【リチウムイオン電池】衝撃試験とは?UN38.3との関係

リチウムイオン電池における「衝撃試験」や「UN38.3」との関係などについてまとめました。

衝撃試験とは

リチウムイオン電池における「衝撃試験」では、電池の「輸送時の衝撃を想定した試験」であることが一般的です。
「輸送振動試験装置」や「衝撃試験装置」等で、電池に対して物理的な力(加速度)を加えて、その耐久性を確認します。

国連勧告輸送試験UN38.3

輸送試験では有名な「国連勧告輸送試験UN38.3」のT4においても「衝撃試験」の合格することが求められています。

国連勧告輸送試験UN38.3
T1:低圧試験 航空輸送時の低圧状態を想定。
T2:温度試験 極端な温度変化を想定した試験。
T3:振動試験 輸送振動を想定した試験。
T4:衝撃試験 輸送時の衝撃を想定した試験。(電池にパルス波を与え、電池の3軸それぞれ正負方向に衝撃を与える)
T5:外部短絡試験 外部短絡を想定した試験。
T6:衝突/圧壊試験 重量物による衝突を想定した試験。
T7:過充電試験 過充電状態の耐久力を評価する試験。
T8:過放電試験 過放電後の転極を想定した試験。

【参考文献】https://www.test-navi.com/jp/test/cases/pdf/23.pdf

衝撃試験の例

「国連勧告輸送試験UN38.3」のT4における「衝撃試験」の例です。

参考:http://www.atengineer.com/pr/jbl-jp/20160818002.html

IMVの「国連勧告輸送試験UN38.3」解説動画

参考文献・関連ページ
1 【電池入門】基本原理・アルゴリズム
2 電気・電子回路入門
関連記事