【電気工事士】金属線ぴ工事

金属線ぴ工事についてまとめました。

【ポイント】金属線ぴ工事

金属線ぴ工事は、メタルモールやレースウェイ内に電線を通す工事方法です。

工事のポイント
電線 絶縁電線(OW以外)
支持点間距離 1.5m以下
接地 ●D種接地工事
D種接地を省略できる条件 ●金属線ぴの長さが4m以下の場合
●対地電圧150V以下 & 金属線ぴの長さが8m以下 & 簡易接触防護措置を施す、もしくは乾燥した場所の場合
注意 ●金属線ぴ相互、金属線ぴとボックスは電気的に接続する
禁止事項 ●金属線ぴ内で電線を接続(電線を分岐する場合で接続点を容易に点検できる場合はOK)
●低圧の屋側配線で金属線ぴ工事

【金属線ぴの種類】メタルモール、レースウェイ

金属線ぴは、「1種金属製線ぴ(メタルモール)」と「2種金属製線ぴ(レースウェイ)」の2種類があります。

種別 概要
1種金属製線ぴ(メタルモール) 幅が4cm未満
2種金属製線ぴ(レースウェイ) 幅が4cm以上5cm以下

※幅が5cmを超えると「金属ダクト」になる

参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
4 複線図のデータ
電気・電子工学
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました