【電力】mWとdBmの違い・変換式

スポンサーリンク

この記事では、電力の単位であるmW(ミリワット)とdBm(デービーエム)の関係、相互変換の計算式と対応表についてまとめました。

スポンサーリンク

dBm

電力でよく使われる単位には、「mW」と「dBm」があります。
アンテナの送信電力など、mW単位では大きな値になる場合に、dBmを使うとコンパクトに電力値を表現できます。
電力の場合、1mWを基準(0dBm)とします。
そして、この基準の何倍かを対数で表したものがdBmとなります。

計算式と対応表

mWとdbmの相互変換は以下の式で計算します。

(1) \begin{eqnarray*} D = 10×log_{10}P\\ D = 10^{\frac{P}{10}} \end{eqnarray*}

※PはmW、DはdBm
表にまとめると次のようになります。

ワット表記 デシベル表記
0.1mw -10dBm
1mw 0dBm(基準)
2mw 3dBm
4mw 6dBm
10mW 10dBm
100mW 20dBm
1,000mW(1W) 30dBm
2,000mW 33dB
10,000mW(10W) 40dB
1,000,000mW(1000W) 60dB

【計算例】

(2) \begin{eqnarray*} D_2&=&10\times log_{10}2=3[dBm]\\ D_{1000}&=&10\times log_{10}1000=10\times 3 = 30[dBm]\\ D_{2000}&=&10\times log_{10}2000=30 + 3 = 33[dBm] \end{eqnarray*}

このように、電力をワット表記からデシベル表記に変換することで、変化をコンパクトに表現できていることがわかります。
となります。

【関連記事】
電気・電子回路入門
【確率入門】公式・問題例集
【数学入門】公式・問題例集
【物理学入門】公式・問題例集
【線形代数入門】公式・問題例集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!