【電気工事士】ネオン放電灯工事

ネオン放電灯工事についてまとめました。

【ポイント】ネオン放電灯工事

ネオン放電灯工事とは、その名の通りネオン放電灯を使用するときの工事です。

ネオン放電灯工事のポイント(使用電圧が1000V超)
ネオン放電灯 ●簡易接触防護措置を施す
15A分岐回路 or 20A配線用遮断器分岐回路を使用
電線 ネオン電線を使用
施設場所 がいし引き工事により展開した場所 or 点検できる隠ぺい場所に施設する
電線の支持点間距離 1m以下
電線相互の離隔距離 6cm以上
接地 ネオン変圧器の外箱をD種接地
ネオン放電灯の支持 チューブサポート(碍子の一種)を使用。
電線の支持 コードサポート(碍子の一種)を使用。
用語 概要
管灯回路 放電灯用安定器または放電灯用変圧器など点灯に必要なものと放電管を結ぶ回路
ネオン変圧器 ネオン放電灯を放電させるための高電圧に変換するための変圧器。
参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
4 複線図のデータ
関連記事