【電験3種】パーセントインピーダンス(%Z)の計算問題対策

電験3種の電力分野におけるパーセントインピーダンス(%Z)の計算問題対策についてまとめました。

%インピーダンス法と三相短絡電流

パーセントインピーダンス(%Z)とは変圧器の特性を表す数値の1つ。
変圧器の運転中、コイルに発生する電圧降下分の電圧と定格電圧の割合を百分率(%)で表したもの。
%Zは、変圧器以外の動作状態のシミュレーションにも使われ、値を百分率(%)にすることで、電圧や電流が異なる状況でも比較できる。
%Zが小さいほど、電圧降下が小さく、変圧器の性能はよくなるが、コストもかかり、短絡事故が発生するとより大きな電流が流れる(その分、事故電流を遮断するための遮断器もより高性能なものが必要となる)。
よって、%Zは単純に小さいほど良いわけでなく、利用場所に応じて適切に選定する。

オーム法からパーセントインピーダンス法への変換

オーム法から%インピーダンス法への変換
基準容量Pn、基準電圧Vn、基準電流Inのとき

(1)   \begin{eqnarray*} \% Z = \frac{ZI_n}{\frac{V_n}{\sqrt{3}}}\times 100 = \frac{P_nZ}{V_n^2}\times 100 \\ P_n=\sqrt{3}V_nI_n \end{eqnarray*}

容量PAからPBを基準に%Zを変換

上記より、%ZはPnに比例するため、%Zを容量PAから容量PBに変換した%Z′は以下の式で求まります。

(2)   \begin{eqnarray*} \%Z′=\frac{P_B}{P_A}\%Z \end{eqnarray*}

百分率インピーダンスの短絡電流計算

三相短絡電流Izは、百分率インピーダンス%Zと基準電流Inから求まる。

(3)   \begin{eqnarray*} I_s=\frac{I_n}{\frac{\%Z}{100}}=\frac{100I_n}{\%Z} \end{eqnarray*}

三相短絡電流の計算手順

● 基準電圧Vbは、短絡点の線間電圧(変圧器の定格電圧2次側)となります。

(4)   \begin{eqnarray*} V_b=V_{n2} \end{eqnarray*}

● 基準容量Pbを設定します。(任意に設定)

(5)   \begin{eqnarray*} P_b=P_t \end{eqnarray*}

● 各機器の%Zを基準容量Pbに合わせて換算します。

(6)   \begin{eqnarray*} \%Z_{gb} = \%Z_g\frac{P_b}{P_g}\\ \%Z_{tb} = \%Z_t\frac{P_b}{P_t} \end{eqnarray*}

● 短絡点から電源側までの合成%Zを計算します。

(7)   \begin{eqnarray*} \%Z = \%Z_{gb} + \%Z_{tb} \end{eqnarray*}

● 基準容量Pbと基準電圧Vbから、定格電流Inを計算します。

(8)   \begin{eqnarray*} P_n=\sqrt{3}V_nI_n \\ I_n = \frac{P_b}{\sqrt{3}V_{b}} = \frac{P_{t}}{\sqrt{3}V_{n2}} \end{eqnarray*}

● 三相短絡電流Isを計算します。

(9)   \begin{eqnarray*} I_s=\frac{100I_n}{\%Z} \end{eqnarray*}

よって、遮断器の定格遮断電流はIsを上回るものを用意します。

【例題1】 変圧器の三相短絡電流

(問題)
以下の仕様をもつ三相変圧器の一次側に77kVの電源、二次側に負が接続されている。
三相変圧器の一次側から見た電源の百分率インピーダンスが1.1%(基準容量20 MV⋅A)であった。
抵抗分及びその他の定数は無視するとき、三相変圧器の二次側に設置する遮断器に最低限必要な遮断電流の値[kA]を計算せよ。

(三相変圧器の仕様)
定格容量:20MV⋅A
一次側定格電圧:77kV
二次側定格電圧:6.6kV
百分率インピーダンス:10.6%(基準容量20MV⋅A)

(解答)
「三相変圧器の二次側に設置する遮断器に最低限必要な遮断電流」とは、「77kV電源 — 変圧器(77kV/6.6kV) —- 遮断器 —- (事故点) — 負荷」というように、遮断機と負荷の間に事故点があったときに発生する事故電流以上となります。
電源と変圧器はともに基準容量が20MV⋅Aであるから、以下のように手順に従って計算すれば15kAとなります。

(10)   \begin{eqnarray*} V_b=V_{n2} &=& 6600 \\ Pb &=& Pt = 20,000,000 \\ \%Z_{gb} &=& \%Z_g\frac{P_b}{P_g}=1.1\frac{20,000,000}{20,000,000}=1.1\\ \%Z_{tb} &=& \%Z_t\frac{P_b}{P_t}=10.6\frac{20,000,000}{20,000,000}=10.6 \\ \%Z &=& \%Z_{gb} + \%Z_{tb}=1.1+10.6=11.7 \\ I_n &=& \frac{20,000,000}{\sqrt{3}\cdot 6000}=1749.5[A] \\ I_s &=& \frac{100I_n}{\%Z}=\frac{100\cdot 1749.5}{11.7} = 15000 [A] \end{eqnarray*}

【例題2】 変圧器の三相短絡電流と保護リレーの動作時間

図のように定格電圧66kVの電源から三相変圧器(仕様は以下を参照)を介して二次側に遮断器が接続された三相平衡系統がある。
三相変圧器一次側から電源側をみた%Zgは1.9%(基準容量Pt=10 MV⋅A)である。
三相短絡事故が発生したとき、過電流継電器の動作時間[s]を計算せよ。
ここで、三相変圧器二次側から事故点までのインピーダンス及び負荷は無視する。
また、過電流継電器の動作時間はOCRの仕様にある限時特性図に従い、計器用変流器の磁気飽和は考慮しない。

(三相変圧器の仕様)
定格容量:7.5MV⋅A
変圧比66kV/6.6kV
%Zt(自己容量基準):9.5%

(OCRの仕様)
接続場所:計器用変流器(CT、変流比は1000A/5A)の二次側
整定タップ電流値:5A
タイムレバー位置:1

●基準容量Pbは任意に設定できるので、今回はPg=10MV⋅A基準とする。
このとき、三相短絡電流Isは以下のとおり「6004[A]」となる。

(11)   \begin{eqnarray*} V_b=V_{n2} &=& 6600 \\ P_b &=& P_g = 10,000,000 \\ \%Z_{gb} &=& \%Z_g\frac{P_b}{P_g}=1.9\frac{10,000,000}{10,000,000}=1.9\\ \%Z_{tb} &=& \%Z_t\frac{P_b}{P_t}=9.5\frac{10,000,000}{7,500,000}=12.67 \\ \%Z &=& \%Z_{gb} + \%Z_{tb}=1.9+12.67=14.57 \\ I_n &=& \frac{10,000,000}{\sqrt{3}\cdot 6000}=874.8 [A] \\ I_s &=& \frac{100I_n}{\%Z}=\frac{100\cdot 874.8}{14.57} = 6,004 [A] \end{eqnarray*}

● 題意より、CTの変流比1000A/5Aなので、三相短絡電流Isが流れたときに計器用変流器(CT)の二次側にはその1000分の5である30.02Aが流れる。
30.02Aは、整定タップ電流値(題意より5A)の約6倍である。
よって、図2の限時特性図(タイムレバー位置10のとき)をみると、「整定タップ電流の倍率=6」のとき、「動作時間=4秒」となる。
タイムレバー位置1のときは、さらにこの1/10となるので、0.4秒が動作時間となる。

【例題3】一線地絡電流と三相短絡電流の計算

【問題】
発電機、変圧器、公称電圧66kVで運転される送電線からなる系統がある。
①A点で100Ωの抵抗を介して一線地絡事故が発生したときの地絡電流の値[A]
②A点で三相短絡事故が発生したときの三相短絡電流の値 [A]
を求めよ。

中性点接地抵抗(変圧器のみに設置):300 Ω
発電機の容量:10000 kV⋅A
出力電圧:6.6 kV
三相短絡時のリアクタンス(自己容量ベース):25 %
変圧器容量:10000 kV⋅A
変圧器の変圧比:6.6 kV / 66 kV
変圧器のリアクタンス(自己容量ベース):10 %
66kV送電線のリアクタンス(10000 kV⋅A ベース):5%
※発電機と変圧器の間にあるインピーダンスは無視する。
※発電機、変圧器、送電線の抵抗は無視する。

【解答】

① A点で一線地絡事故が発生したとき、地絡相の相電圧は66/√3[kV]になる。
よって、一線地絡電流Igは以下のようになる

(12)   \begin{eqnarray*} I_g=\frac{6000/\sqrt{3}}{100+300}=95[A] \end{eqnarray*}

② A点からみた%Zは以下のとおり。

(13)   \begin{eqnarray*} \%Z=25+10+5=40[\%] \end{eqnarray*}

66kV送電線の定格電流Inは以下のとおり。

(14)   \begin{eqnarray*} I_n=\frac{P_n}{\sqrt{3}V_n}=\frac{10000}{\sqrt{3}\cdot 66}=87.48[A] \end{eqnarray*}

三相短絡電流Isは以下のとおり。

(15)   \begin{eqnarray*} I_s=\frac{100}{\%Z}I_n=\frac{100}{40}87.48=219[A] \end{eqnarray*}

【電験3種】電力分野「変電所」の対策・計算問題
電験3種の電力分野における「変電所」の対策・計算問題についてまとめました。
【電験3種】電力分野の頻出項目、攻略法、例題
電験3種における電力分野(発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料に関するもののポイントをまとめました。
【電験3種とは】出題範囲と対策まとめ
電験三種とは?出題範囲と対策まとめについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました