シェアする

【RC直列回路】抵抗の電圧式とグラフ

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、RC直列回路における抵抗の過渡応答の電圧式・グラフを求める方法についてまとめました。

抵抗の電圧とグラフ

下図のようなRC直列回路の過渡応答の電圧式はつぎのようになります。

(1) \begin{eqnarray*} V_R(t)&=& V_ie^{-\frac{t}{RC}} \tau&=&RC \end{eqnarray*}

V_i:入力電圧
R:抵抗値
C:コンデンサの静電容量
V_R:抵抗Rにかかる電圧
V_C:コンデンサCにかかる電圧
\tau:時定数(別名:緩和時間, 立ち上がり時間と反比例)

電圧式をグラフにすると以下のようになります。

抵抗にかかる電圧は時間t=0V_R=V_iとなります。

そして、時間が経過して定常状態になるとV_R=0になります。

抵抗R、コンデンサの静電容量Cが大きくなると立ち上がり時間(定常状態に達するまでの時間)は遅くなります。

【関連記事】
電気・電子回路入門

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)