【RL直列回路】抵抗の電圧とグラフ

この記事では、RL直列回路の抵抗の電圧式とグラフを求める方法についてまとめました。

抵抗の電圧とグラフ

下図のようなRL直列回路の過渡応答の電圧式はつぎのようになります。

(1) \begin{eqnarray*} V_R(t)&=&V_i (1-V_i^{-\frac{R}{L}t})\\ \tau&=&\frac{L}{R} \end{eqnarray*}

V_i:入力電圧
R:抵抗値
L:コイルのインダクタンス
V_R:抵抗Rにかかる電圧
V_L:コイルLにかかる電圧
\tau:時定数(別名:緩和時間, 立ち上がり時間と反比例)

電圧式をグラフにすると以下のようになります。

抵抗にかかる電圧は時間0で0となります。

そして、時間が経過して定常状態になると入力電圧と等価(V_R=V_i)になります。

抵抗Rが大きくなると立ち上がり時間(定常状態に達するまでの時間)は遅くなります。

逆にコイルのインダクタンスLが大きくなると立ち上がり時間(定常状態に達するまでの時間)は速くなります。

【関連記事】
電気・電子回路入門

シェア&フォローお願いします!