【電流センサ】ロゴスキーコイルの測定原理

電流センサ「ロゴスキーコイル」の測定原理についてまとめました。

【ロゴスキーコイルとは】電流測定方法

ロゴスキーコイル方式電流センサの測定原理は以下のとおりです。

測定原理
1 交流電流が流れる測定導体(1次側)の周囲に交流磁界が生じます。
2 交流磁界により空芯コイルに電圧が誘起されます。
3 誘起された電圧は測定電流の時間微分値(di/dt)となるため、積分器により電流に変換できます。

そのため、ロゴスキーコイル方式の電流センサは交流電流のみ測定できます。

【特徴】利点、欠点

利点
1 空芯コイルなのでコンパクト
2 インピーダンスが小さい
3 大電流を測定可能(磁気コアが無く、磁気飽和が生じない)
4 磁気損失による発熱、飽和、ヒステリシスがない
欠点
1 直流電流は測定できない(交流のみ)
2 測定精度が低い(空芯コイルの断面積、長さ、導体位置、外来ノイズの影響を受けやすいため)
3 小電流の測定が困難
参考文献・関連ページ
外部 抵抗計やテスターによる抵抗測定方法2端子法・4端子法
内部 【電池入門】基本原理・アルゴリズム電気・電子回路入門
電気・電子工学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました