【振動計】絶対校正と比較校正

振動計(振動測定器)の絶対校正と比較校正の違いについてまとめました。

絶対校正と比較校正の違い

絶対校正と比較校正の違いは次の通りです。

説明
絶対校正 振動計を振動標準に基づいて校正すること
比較校正 既に絶対校正された振動計を基準に用いて、新たな振動計を校正すること

比較校正の方が校正精度は落ちますが、反面簡単で安価というメリットがあります。

校正手法

振動計の代表的な校正手法としては、「レーザー干渉計」「振動加速度計」などがあります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

特徴
レーザー干渉計 ・精度が高い
・装置が高価
・測定対象の材質や形状に影響を受けやすい
振動加速度計 ・レーザー干渉計に比べると精度が低い
・装置が比較的安価
・測定対象の材質や形状に影響を受けにくい

参考文献:振動加速度校正技術

関連記事
1 【電気回路】ショートと過電流(短絡電流)
2 電気・電子回路入門
関連記事