【電力会社】低圧・高圧・特別高圧(特高)の違い

電力会社が供給する電力区分の「低圧」「高圧」「特別高圧(特高)」の違いについてまとめました。

【種別】低圧・高圧・特別高圧(特高)

電力会社の電圧には大きく「低圧」「高圧」「特別高圧(特高)」の3種類があります。
それぞれの供給電圧の違いは次の通りです。

区分 交流 直流 用途
低圧 600V 以下 750V以下 一般家庭
高圧 600V超え 7,000V 以下 750V 超え 7,000V以下 小中規模な工場・施設など
特別高圧 7,000V超え 7,000V超え 大規模な工場・施設など

【根拠法令等】電気設備技術基準 第二条

上記の内容は、電気設備技術基準 第二条により定められています。

(電圧の種別等)
第二条 電圧は、次の区分により低圧、高圧及び特別高圧の三種とする。
一 低圧 直流にあっては七百五十ボルト以下、交流にあっては六百ボルト以下のもの
二 高圧 直流にあっては七百五十ボルトを、交流にあっては六百ボルトを超え、七千ボルト以下のもの
三 特別高圧 七千ボルトを超えるもの

参考:http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=409M50000400052#B

【特別高圧】用途・利用方法

特別高圧とは、供給される電圧が「7,000Vを超えるもの」です。
大規模な電力が必要となる大規模な「工場」「施設」などで利用されます。

特別高圧を利用したい場合、電力会社から特別高圧用の送電線を直接工場などに引き込みます。
近くに特別高圧の鉄塔がない場合は、それ用の鉄塔を建てる必要があります。

参考文献・関連ページ
1 電圧の区分と施設規制 – 日本電気技術者協会
2 電気・電子回路入門
関連記事