【ケーブル工事】VVF・VVRケーブルの違い・規格

ケーブル工事におけるVVF・VVRケーブルの違い・規格についてまとめました。

【はじめに】VVケーブルとは

VVケーブル(ブイブイケーブル)とは、600ボルトビニル絶縁ビニル外装ケーブルの略称です。
VVケーブルとは、大きくわけて「VVFケーブル」「VVRケーブル」の2種類あり、一言でいうと断面が平面(Flat)か丸形(Round)かの違いです。

略称 正式名称 意味
VVFケーブル Vinyl insulated Vinyl sheathed Flat-type cable 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形
VVRケーブル Vinyl insulated Vinyl sheathed Round-type cable 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形
種別 概要
VVFケーブル 【構造】ビニル被覆の外側をビニルシースで覆っただけの単純構造
【主な用途】低圧屋内配線(照明・コンセント回路への電源供給用ケーブルなど)
【心線の本数】2~4心の3種類
【心線の直径】1.6mm、2.0mm、2.6mmの3種類
VVRケーブル 【構造】ビニル絶縁体の外側をビニルシースで覆った構造
【主な用途】家のの天井裏、壁裏の電気配線など
【心線の本数】1~4心の3種類
【心線の直径】1.0mm~3.2mm

VVF・VVRケーブルの名称

VVF・VVRケーブルの名称の読み方は次の通りです。

種別 素材 心線の直径 心線の本数 断面
VVF2.0-2C 600Vビニル絶縁 2.0mm 2本 平ら
VVF1.6-3C 600Vビニル絶縁 1.6mm 3本 平ら
VVR2.0-2C 600Vビニル絶縁 2.0mm 2本 丸い
参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電池入門】基本原理・アルゴリズム
3 電気・電子回路入門
関連記事