【電技解釈第146条】低圧配線の電線・許容電流・電流減少係数

電技解釈第146条で定められている低圧配線の電線・許容電流・電流減少係数についてまとめました。

【電技解釈第146条とは】低圧配線の電線における許容電流

電技解釈第146条では、電線の許容電流が定められています。
電線の許容電流とは、「電線の太さがいくらのとき、どのくらいの大きさの電流まで流せるか」というものです。

■電線の許容電流(単線の場合)

直径[mm] 許容電流[A]
1.6 27
2.0 35
2.6 48
3.2 62

■電線の許容電流(より線の場合)

直径[mm] 許容電流[A]
2.0 27
3.5 37
5.5 49
8.0 61

単線・・・1本の電線(導体)で構成されている電線(VVFケーブル、VVRケーブルなど)
より線・・・数本の細い素線をより合わせて構成されている電線

例)直径2.6mmの単線は、許容電流は48A

【電流減少係数】許容電流が変化

電線を金属管などに通す場合、先程の許容電流の値に「電流減少係数」をかけた値が許容電流となります。
「電流減少係数」は次のように同一管内の電線数に応じて値が変わります。

同一管内の電線数 電流減少係数
1~3 0.70
4 0.63
5~6 0.56

※覚え方
「さなしろさん、ころころ」

例)
金属管中に直径2.6mmの単線が4本通っているとき、電流減少係数は0.63なので、許容電流は

(1) \begin{eqnarray*} 48\times 0.63=30.24A \end{eqnarray*}

となります。

参考:http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2013/03/250314-1-3.pdf

参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
関連記事